ブログ - M-Blog

パソコン使ってなんかやる

srcsetに対応してみた

srcsetに対応してみた

2018年10月29日 / CMS


ギャラリーページを作るまで JPGファイルをアップロードしたら縮小画像を自動作成 ギャラリーを作成する srcsetに対応してみた 常に大きい画像を表示するのは無駄でしかない。 srcsetとは? ブラウザの幅によって読み込む画像を変更できるHTML5のタグです。 スマホで大きい画像を表示しても無駄でしかないので、レスポンシブデザインのサイトでは必要になると思います。 Wordpressでは4.4以降の対応のようです。もちろんEvolution CMSでは対応していません。

ギャラリーを作成する

ギャラリーを作成する

2018年10月27日 / CMS


ギャラリーページを作るまで JPGファイルをアップロードしたら縮小画像を自動作成 ギャラリーを作成する srcsetに対応してみた 複数の写真を一気にアップロードするとかしなければ十分利用できると思います。 フレームワークはUIKitを使っているのでHTMLタグもその様になっています。またスニペットの「DocLister」と「phpthumb」を使用しています。 1.準備:テンプレート変数の作成 入力タイプが「Image」のテンプレート変数を作成します。 テンプレート変数名を今回は「photo」と名付けます。 リソースの階層は下記のようになっています。

JPGファイルをアップロードしたら縮小画像を自動作成

JPGファイルをアップロードしたら縮小画像を自動作成

2018年10月24日 / CMS


ギャラリーページを作るまで JPGファイルをアップロードしたら縮小画像を自動作成 ギャラリーを作成する srcsetに対応してみた 写真編集ソフトを買ったのでギャラリーでも作っとこうかと思いました。ややこしいことをせずにEvolution CMSでギャラリーを作成します。 まずは、ワードプレスなんかである画像をアップロードしたら縮小サイズも自動作成してくれるプラグインです。 縮小するだけなのでクロッピングには対応していません。ギャラリーを作成するならこれくらいでいいと思います。

カテゴリー

アーカイブ

最近の投稿

最近の更新

リンク