Evolution CMS 2.0.x - M-Blog

Evolution CMS 2.0.x

2019年1月22日アルファ版としてバージョン2が出ています。しかしバージョン1からのアップグレードは自動アップデートすると失敗します。

https://github.com/evolution-cms/evolution/

新規インストールの場合はこちらの方が簡単かもしれません。

アップグレードの手順はユーチューブにあります。

サーバーの情報を自分の環境に合わせて「default.php」というファイル名として、下記の内容を作成します。

<?php
return [
'driver' => env('DB_TYPE', 'mysql'), //$database_type
'host' => env('DB_HOST', '[+database_server+]'), //MySQLのホスト ←適宜変更
'port' => env('DB_PORT', '3306'),
'database' => env('DB_DATABASE', '[+dbase +]'), //データベース名 ←適宜変更
'username' => env('DB_USERNAME', '[+user_name+]'), //ユーザー名 ←適宜変更
'password' => env('DB_PASSWORD', '[+password+]'), //パスワード ←適宜変更
'unix_socket' => env('DB_SOCKET', ''),
'charset' => env('DB_CHARSET', '[+connection_charset+]'), // 'utf8mb4' ←適宜変更
'collation' => env('DB_COLLATION', '[+connection_collation+]'), //'utf8mb4_general_ci' ←適宜変更
'prefix' => env('DB_PREFIX', '[+table_prefix+]'), //プレフィックス ←適宜変更
'method' => env('DB_METHOD', '[+connection_method+]'), //'SET CHARACTER SET' ←適宜変更
'strict' => env('DB_STRICT', false),
'engine' => env('DB_ENGINE'),
];
  1. バージョン1からのアップグレードの場合は「manager」ディレクトリを削除します(バックアップしましょう)。
  2. バージョン2のすべてのファイルをアップロードします。
  3. 「/core/config/database/connections」ディレクトリに作成した「default.php」ファイルをアップロードします。
  4. 新規インストールの場合は「example.com/install」にアクセス、アップグレードの場合は管理画面にアクセスしてグローバル設定を更新してください。

日本語

バージョン2ではほぼ全てが翻訳されています。バージョン1でもバージョン2の日本語ファイルを入れ替えることで同じように翻訳されます。


2019年01月22日 / 2019年01月23日

メニュー

最近の投稿

最近の更新

リンク